kakikakiblog

英語 留学

もっとも効率のいい英会話のための単語帳

f:id:kakikakichang:20190610080323j:plain

あなたは今までに何冊くらい英単語帳を買い、やってきましたか?

僕自身、単語帳はDUO 3.0キクタンAdvanced6000 さらに英単語ターゲット1900 をやってきました。しかし、現在留学している身として言わせてもらえれば、正直そこまでやらなくても普通に話せます。

 

 

日常英会話に必要な単語数は2000語

日常英会話に「単語数」は全然必要ないです。

まず、厳選された頻出単語2800語で、研究分野を除いた話し言葉、書き言葉の92%以上をカバーできるという研究データがあります。

この「2800語」はNew General Service Listと呼ばれていて、会話やTV、ラジオ、新聞、雑誌、小説など、あらゆるジャンルの英語素材から抽出した2億7千万以上の単語の中から、「頻出かつ重要な単語」をまとめたものです。

僕は「2000語」と言いましたが、「2000語」を覚えるのと「2800語」を覚えることに大した違いはありません。「2000語」で日常英会話の97%はカバーできます。それより800語も覚えても、カバー率は1%しか変わりません。

 

モチベーションの維持こそ大事

英語は結局のところコミニュケーションツールです。話せないと何も始まりません。しかも、英語を勉強しているのに話せないなんてとってもつまらないじゃないですか。

 

英語を話せたらかっこいいし、何よりモチベーションの維持に繋がります。

だから最初に会話に必要な英単語を覚えてから、必要があれば、さらに単語を勉強して

みてはいかがですか?

 

 

お問い合わせ プライバシーポリシー